■ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
■ アーカイブ
■ カテゴリ
■ 最新記事
■ コメント
■ トラックバック
■ プロフィール

mail to:
管理人へのメールはこちらへ

■ その他

切なさはモノローグ



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
X³(バイバイ)ララバイ
80年代アイドルロックが満喫できる1曲。
やや大げさなギターアレンジ・コーラスアレンジと、ちょっと意表を突くようなメロディーライン、そしてレトロなフレーズが味わい深いです。
深夜ハイウェイを「振られ女」が一人飛ばす、そんな歌詞内容と曲調が見事に合った、疾走感溢れる仕上がりになっているのではないでしょうか。
冒頭「淋し気な 蒼いデジタル」「ル」の部分は、素直に作曲するなら「C」の音を選択するところ、一つ下の「B」を選択することで、これから彼に振られることを強がりで誤魔化す、そんな「歪んでる」屈折感のようなものが出ていていいです。
(といってもこの部分、明菜さんの音程が若干不明瞭なため譜面上どうなってるのか確信は持てないのですが・・・。)
サビの「X³(バイバイ)ララバイ」の部分は特に珍しいメロディーラインではないのですが、コーラスの怪しさと相俟って、深夜に一人車の中、という歌詞内容にぴったりな、ミステリアスな雰囲気が出ていると思います。

歌詞に関しては、「蒼いデジタル」とか「ハマ・インター」とか「ワーゲン」とか、当時はこういう言葉がかっこよかった、最先端だった時代だったんだろうな〜、と思わせるフレーズがいいですね。
タイトルも、(歌詞にも出てきますが)「X³」「バイバイ」と読ませるあたり、いかにも80年代アイドルの曲に付けそうなタイトルで今振り返るととても貴重。
でも、前にもどこかに書いたかもしれませんけど、3乗して「倍倍」ってのはやっぱり納得がいかない・・・。
(X=2のときしか成立しないじゃん!かといって「(2×2)Xララバイ」にするのもちょっと間抜けだけど)
「二人が賭けた(掛けた)Xの夢」ってことだから、X=2という前提なのかな。
それにしても「二人が賭けたXの夢」ってなんのことやら。
このあたりの、A級ソングになりきれない感がまたいいんですよね。

明菜さんのいわゆる「ツッパリソング」の中では音域が高音寄りのため、歌唱も3rdアルバム以降のツッパリソングで定番となる、低音のボソボソ感、吐き捨て感があまりなく、非常に明瞭かつストレートでこれまた貴重。
ラストのメロディー(「ハイウェイの小石 はじく」)で聴かせる、中低音の存在感、魅力も際立っています。
(2nd Album「バリエーション<変奏曲>」収録)

作詞:森雪之丞
作曲:小杉保夫
編曲:萩田光雄




■収録アルバム

バリエーション〈変奏曲〉 AKINA NAKAMORI SECOND(紙ジャケット仕様)
バリエーション〈変奏曲〉 AKINA NAKAMORI SECOND(紙ジャケット仕様)





| 中森明菜(Album Songs) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
<前のページ 次のページ>



■ ブログ内検索
■ AMAZON & RAKUTEN


 【Music】
 明菜(通常盤) / 中森明菜 

 【Music】
 Belie(初回限定盤)(DVD付) / 中森明菜 

 【DVD】
 中森明菜 THE LIVE DVD COMPLETE BOX / 中森明菜 

 【Music】
 FIXER(初回限定盤)(DVD付) / 中森明菜 

 【DVD】
 中森明菜 プレミアム BOX ルーカス ~NHK紅白歌合戦 & レッツゴーヤング etc. [DVD] /  

 【Music】
 オールタイム・ベスト ‐オリジナル‐ (初回限定盤)(DVD付) / 中森明菜 

 【】
  /  

 【Music】
 Singles Box 1982-1991 / 中森明菜 

 【Music】
 Mini Album Collection / 中森明菜 

 【DVD】
 ザ・ベストテン 中森明菜 プレミアム・ボックス [DVD] / 中森明菜 

 【DVD】
 中森明菜 in 夜のヒットスタジオ [DVD] /  

 【Music】
 DIVA / 中森明菜 




■ ADVERTISING SPACE





■ BOOKMARK