■ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
■ アーカイブ
■ カテゴリ
■ 最新記事
■ コメント
■ トラックバック
■ プロフィール

mail to:
管理人へのメールはこちらへ

■ その他

切なさはモノローグ



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Song for U.S.A./チェッカーズ
COMPLETE THE CHECKERS ~ALL SINGLES COLLECTION
COMPLETE THE CHECKERS ~ALL SINGLES COLLECTION
チェッカーズ
明菜さんが「禁区」「北ウイング」とヒット曲を連発し、着実にトップアイドルとしての地位を固めつつあった頃、彗星のごとく歌謡界に登場したチェッカーズ。

デビュー曲「ギザギザハートの子守唄」では正直全く売れる気がしなかったのに、私の勘は当たらなかったらしく、2nd 「涙のリクエスト」で大大大ブレイク。
勢いのある強力なライバルの出現に、明菜ファンの私は気が気じゃありませんでした。
特に当時、私の中では「ザ・ベストテン」のランキングが何よりも大事で、毎日のようにベストテンのランキングのことを考えていたといっても過言ではないほど。
そのベストテンで、明菜さんが新曲を出したかと思うと、翌週か翌々週にはチェッカーズが新曲を出し、「飾りじゃないのよ涙は」「ミ・アモーレ」のように、大ヒットシングルであるにもかかわらず、その煽りをくらって1位が1週しか取れなかったケースもありました。

本当に当時(1984、85年ぐらい)はチェッカーズ憎し、だったのですが、ベストテンのランキングに一喜一憂し、悔しい思いをしていたのも遠い遠い昔の話。
テレビなどからふとチェッカーズの曲が流れてくると、懐かしさに鼓動が高鳴りますし、好きな曲も沢山あります。

「Song for U.S.A.」は、その中でも共感度が高く、大好きな曲です。
デビューシングルからちょうどこの「Song for U.S.A.」まで、チェッカーズ作品のA面ほとんどの作詞は売野雅勇さんが、全ての作曲・編曲は芹澤廣明さんがやってきたわけですが、「Song for U.S.A.」の一つ前のシングル「OH!! POPSTAR」から楽曲の路線を変えてきたのは明らかで、この路線変更がすごく好きでした。
それまで、いかにもアイドル向けに作られた楽曲、という感じの曲中心だったのが、サウンド的にはベタベタな歌謡曲から洗練されたポップスへ、歌詞もタイトルも、まるでチェッカーズ自身を主人公としてイメージしているかのような、等身大な内容になりました。

「Song for U.S.A.」の詞は、昔一緒に音楽という夢を追いかけていた仲間達に向け、久しぶりに集まって一緒に歌おうよ、と呼びかける、ちょっと青春懐古系なもの。
この歌詞も、音楽をやってきて、成功したチェッカーズが歌うにふさわしい内容だったと思います。
想像でしかないけれど、チェッカーズと青春を過ごした仲間達の中には、音楽という夢が叶った人もいれば、叶わず違う道を選んだ人もいるだろうな、と考えると結構感慨深い。
サビに向けて盛り上がるメロディー、サウンドもいいですし、郁弥さんの歌唱にも説得力があり、サビの繰り返しは感動モノ。

この曲を聞くと、音楽に限らず、同じことに熱中していた仲間と久しぶりに集まりたいな〜、と思ってしまう、非常に力のある1曲だと思います。


作詞:売野雅勇
作曲:芹澤廣明
編曲:芹澤廣明




「Song for U.S.A.」歌詞:
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/103613/Y003519

「OH!! POPSTAR」歌詞:
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/103613/Y004252
| My Favorite Songs | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
こんばんは♪
『華麗なる一族』にトラックバックさせていただこうとお伺いしたのですが、チェッカーズの記事に目が留まり、ついコメントしております。

ほんとにあの頃はチェッカーズが全盛で、私も例に漏れず大ファンでした。
彼らの等身大の、でもちょっと大人っぽい不良っぽい歌詞の世界に、憧れました。

「Song for U.S.A.」も、いい曲ですよね〜。
映画を見に行ったのを思い出しました(笑)。
| のん@*モナミ* | 2007/02/11 11:22 PM |
○のんさんへ

コメントどうもありがとうございます&いつも「華麗〜」ではお世話になってます!

本当にあの頃のチェッカーズの勢いは凄かったですよね。グッズもバカ売れしていた記憶があります。

「Song for U.S.A.」、映画を見に行かれてるんですね。私はチェッカーズの映画というと「TAN TAN たぬき」しか覚えてないので、「Song for U.S.A.」観てみたいです。今見ると真面目なストーリーでも笑っちゃいそうな気がしますが・・・。
きっと曲とシンクロしたストーリーなんでしょうね。

それでは、またよろしくお願いします!
| 三日月(管理人) | 2007/02/12 12:28 AM |









トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/05 5:17 PM |
<前のページ 次のページ>



■ ブログ内検索
■ AMAZON & RAKUTEN


 【Music】
 明菜(通常盤) / 中森明菜 

 【Music】
 Belie(初回限定盤)(DVD付) / 中森明菜 

 【DVD】
 中森明菜 THE LIVE DVD COMPLETE BOX / 中森明菜 

 【Music】
 FIXER(初回限定盤)(DVD付) / 中森明菜 

 【DVD】
 中森明菜 プレミアム BOX ルーカス ~NHK紅白歌合戦 & レッツゴーヤング etc. [DVD] /  

 【Music】
 オールタイム・ベスト ‐オリジナル‐ (初回限定盤)(DVD付) / 中森明菜 

 【】
  /  

 【Music】
 Singles Box 1982-1991 / 中森明菜 

 【Music】
 Mini Album Collection / 中森明菜 

 【DVD】
 ザ・ベストテン 中森明菜 プレミアム・ボックス [DVD] / 中森明菜 

 【DVD】
 中森明菜 in 夜のヒットスタジオ [DVD] /  

 【Music】
 DIVA / 中森明菜 




■ ADVERTISING SPACE





■ BOOKMARK